/blog/surgical-department/riumachi.php
EstDoc

関節の痛みを感じたら!リウマチの4つの初期症状をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リウマチってお年寄りの病気だと思っていませんでしたか?実は思ったよりも若い患者が多く、日本で毎年1万5000人もの人が発病して、今では患者数が70~100万人とも言われています。こんなに多いのかと驚かれるかもしれません。ここではリウマチの原因と初期症状をご紹介します。

リウマチとはどんな病気?

一般的にリウマチとは「関節リウマチ」のことを言います。関節に何らかの形で炎症が起こって痛みや腫れが現れて、だんだん骨が破壊されていく病気です。 関節は骨と骨をつないでいる部分を言います。人間の関節は全部で68個ありますが、そのうち膝や手足のようによく動かす部分が、体の動きを支えていいます。関節の先端は弾力性のある軟骨で、その軟骨と軟骨の間にはわずかな隙間があり、緩衝液が満たされることによって、滑らかに動いたり衝撃を和らげたりしています。関節の内部にある滑膜(かつまく)がこの緩衝液を分泌するのですが、ここに炎症が起きると軟骨や骨を侵食して破壊してしまうのです。 自己免疫疾患をご存知でしょうか?これは自分の一部を自分自身で攻撃してしまって起こる疾患なのですが、リウマチは代表的な自己免疫疾患のひとつです。普通なら外部から進入するウィルスを攻撃して体を守るのですが、この症状は自分の滑膜を敵と認識して攻撃してしまうことが原因で炎症が起こるわけです。

リウマチにみられる4つの初期症状をチェック

初期症状をチェックしてみましょう。少しでも項目が当てはまるあなたは要注意です。

☑ 朝起きた時に両手指がこわばって動かなくなり、1時間以上続く

☑ 関節部分に痛みや腫れが出る

☑ 他の関節にも同様の症状が出る

☑ 微熱、食欲不振、体重減少の症状がある

リウマチの語源は「流れる」という意味のラテン語「リウマ」から由来していて、これは自分を攻撃するリンパ球が関節や臓器に流れることが原因で、滑膜で炎症を起こし、その他の症状を引き起こすという意味で理解されています。つまり、はじめは手がこわばることから始まりますが、そのまま放置していると症状がひどくなり、身体全体に影響が広がる病気です。 また、こわばりが季節の変わり目や、疲れた時にも出やすく、冬の寒い日や雨の日にもひどくなったりします。ただし、このような症状は、中高年期の女性のホルモンバランスの崩壊が原因で起こることもあるので、きちんとした診断が必要となるでしょう。

リウマチになってしまう2つの原因とは?

それでは、そもそもリウマチの原因は何でしょう?現在原因はすべて解明されているわけではありませんが、有力と言われている原因2つを紹介します。

原因1:細菌やウィルス

リウマチは自己免疫疾患のひとつだといいましたが、これは細菌やウィルスなどの敵から自らを守る免疫システムにおいて、自分で自分を攻撃してしまう状態をいいます。まだ解明されていない部分もありますが、この症状は細菌やウィルスなどが原因で起こるのではないかと言われています。

原因2:女性ホルモン

また、別の説に、患者の約80%が女性だと言うことから、女性ホルモンと深い関係があるのではと言われています。確かに疲労やストレス、出産により発病する女性たちが少なくありません。 原因は様々な要因が複雑に絡み合っていると言うことができます。女性に多いとはいいますが、いつ誰がなってもおかしくない病気です。実は今まで原因が分からず、長い間不治の病とされてきましたが、医学の進歩により早期発見、早期治療を行えば、関節破壊を防ぐことが可能となり、最近は大掛かりな関節手術はあまり行われていません。 どのような病気でもそうですが、早期発見が重要です。発見が早ければ早いほど、薬の治療でほぼ生活上に問題はなくなりますが、発見が遅れたら症状が重くなり、完治も難しくなります。リウマチの初期症状かどうかは、血液検査で診断することができます。

リウマチを改善するための4つの方法とは?

改善1:薬の処方

治療は投薬治療が中心です。抗リウマチ剤を使った治療が効果的で、改善してきたら徐々に弱い薬に変えていく例が多いです。その他に痛みや腫れを抑える抗炎症剤、免疫の異常を抑制する抗リウマチ剤などがあり、新たな生物学的製剤の薬もあります。しかしこれらの薬には副作用があるので、必ず医師の指示に従って服用しましょう。

改善2:なるべく安静にする

医者に行くと、まずは安静にするように指示されますが、全身的、局所的、精神的に安静にすることを意味します。入院すると症状が良くなるのは、これら全て安静にできるからでしょう。女性患者が多いですが、主婦が家で安静にといってもなかなか難しいので、痛みがある場合には、無理をせずに周りの家族の協力を求めましょう。

改善法3:適度に運動する

痛みが和らいできたら、軽く適度な運動をすることも効果的です。運動の前に、膝を温めるとさらに効果があります。しかし個人によって症状に差があるので、医師と相談しながら行ってください。ただし、首の体操には注意が必要です。普段から関節に無理が行かないようにしましょう。雑巾の絞り方や、服の着脱、洗顔や整髪などによって知らずに関節に負担がかかっていることもあります。日常生活から、なるべく負担がかからないように心がけてください。

改善法4:体を暖かくする

また、冷えや湿気は悪化の原因となりますので、服の保温性にも気をつけて、入浴で痛みやこわばりを和らげましょう。さらに規則正しい生活を心がけて、夜はぐっすり寝て健康管理に気をつけましょう。

最後に少しだけ...宣伝です!

病院予約サイトエストドックではユーザー様が病院を選ぶ基準になる、良質な口コミを集めています。

その為に月に1人、5万円のアマゾンギフト券が当たる口コミ投稿キャンペーンを始めたのですが、7月現在、投稿される口コミは月に100程度、3位の当選金額1万円までを含めると30人に1人は当選者が出ている始末です、、、

会員登録などは特に必要ありません、病院へ行った際は是非エストドックで口コミを書いてみてください!

口コミ投稿キャンペーン

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加