喉頭がんの初期症状は?その原因と治療方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
喉頭がんも他のがんと同じように、早期発見早期治療が非常に重要です。 今回は、喉頭がんの初期症状と治療方法について、ご紹介します。   喉が痛い女性

喉頭がんについて

喉頭がんとは喉頭にできたがんを指しており、頭頸部がんの一つとして分類されます。喉頭がんの発生率は他のがん全体に対して0.6パーセントであり、人口が10万人いた場合3.4人程の割合になります。男性の方が女性よりも10倍も発生率が高く、発症が多い年齢として50歳~80歳代までに急激に増加する傾向にあります。また、煙草によってリスクが確実に高くなり、喉頭がんの、患者全体の90パーセント以上が喫煙者であること分かっています。飲酒もリスクを高める傾向にあり、喫煙と飲酒が相乗的に働いて、さらにリスクを上げることがあります。その他に、アスベストなどとも関係が深いと言われています。 喉頭がんも他のがんと同じように、早期発見早期治療が非常に重要です。喉頭がん全体の治癒率は、80パーセントと他のがんと比べると高く、耳鼻咽喉科が扱うがんの中でも一番治癒率が高いです。生存率は5年後で80パーセント、10年後でも75パーセントと非常に高い確率での生存が見込まれます。早期に発見することができれば「声」を失うことなく、完全な治癒の可能性も十分あります。検診では基本的に、喉頭がんの検診は行なうことはありませんので、進行した状態で発見される場合も、多く少しでも違和感があれば受診、検診をおすすめします。

喉頭がんの初期症状について

喉頭がんの初期症状は、がんの発生している場所にも違いはありますが、最も多いとされている声門がんでは、ほとんどの人に声がれの症状が出ています。 この声がれというのは発声時にザラザラした硬い音がでることです。これは声門がんは発声時に声帯の振動に影響が出るため、このような音が出ると言われています。 また、声門上がんでは、食事の際飲み込むと痛みを感じて、喉のいがいが感や違和感を感じます。がんの部位のよって症状は異なりますが、基本的に喉の痛みや違和感を感じることが多いようです。 その他の初期症状としては、たんに血が混ざっている、息がくさい、首のつけねのリンパが腫れているなどがあります。 そのような症状がいつまでも長く続く用であれば喉頭がんを疑ってもいいかもしれません。 また、初期の初期では痰が多くでることが多いというのがほとんどの患者で確認できています、いつもは痰が出ないのに、最近出ることが多くなった、などの症状には注意が必要です。

喉頭がんの原因

タバコと飲酒が大きな原因とされています。特に喫煙は非喫煙者と比べるとその発症率は30倍にも跳ね上がります。また、受動喫煙でもなりますので、本人が注意していても周りが吸っていると病気にかかる確率も増えます。また、熱い食べ物やアルコール度数が高い食べ物を好んで食す方は、喉頭がんの発生率が高くなります。 これは、刺激の強い食事や飲み物を取ることにより喉頭の粘膜が傷ついてしまうからです。これらの刺激の強い食事は慢性的に摂取する傾向にあり日常的に喉頭細胞を傷つけて、細胞の遺伝子のDNAが、がん化しやすいです。 主にタバコ、飲酒、食生活が原因となりますので、日常的に摂取している方は、頻度を少なくするなど、なんらかの対処方法をとることをお勧めします。また、これはまだ科学的に確証されていませんが、エプスタインウイルスというウイルスが深く関与している可能性が高いと、現在研究がすすめられています。 また、上喉頭がんはウイルス、中喉頭がんは煙草、下喉頭がんは酒など、疾患部位によっても原因は多少変わってくることにも注意が必要です。

喉頭がんの治療方法

治療方法としては、放射線治療と手術療法の2種類が主流となっています。手術療法で行なうこととして喉頭部分切除、喉頭全摘出術がありますし、レーザーでの治療を取りいれているところもあります。 昔は全摘出手術が主流でしたが、声が出ない、嚥下などの行為にも障害が出るなどのデメリットが多く、現在では進行したがんに対しても放射線治療や化学療法を併用して治療を行っていき、できるだけ喉頭を残すような流れになっています。 しかし、やむなく喉頭を摘出した場合でも、気管と食道を繋いで声を再建する手術も発達しており、喉頭を摘出しても声を失うことは避けることができます。 放射線治療とは、体外からがんの部分に向かって放射線を当てることで、手術をしなくても良いというメリットがあります。副作用は喉頭頭炎を発症する可能性があり、後遺症として喉の渇きを伴う違和感を訴える患者が多いということです。これは喫煙者に非常に多い後遺症と言われています。この場合乾燥を防ぐため蒸気吸引するといった対応をします。 2つの方法では圧倒的に放射線治療が多く、現在の技術では、よほどがんが進行していないと摘出手術は行われません。摘出手術は確実な方法ですが、デメリットが多くほとんどの患者や医者は放射線手術を希望するようでうす。現在の医療技術で、9割以上が治るといわれているがんなので適切な治療方法を行い、完治させましょう。

知っていますか?
医師が自宅まで来てくれるサービスがあります[PR]

医師が自宅まで来て診察をしてくれる往診。なんだか古い時代や高齢者の話のようで、なかなか利用した事のある方も少ないのではないでしょうか。でも病院の診察が終わってしまった時、病院へ行く時間が作れなかった時、自宅まで先生が来てくれたら嬉しいですよね。実はそんなサービスがあるんです。

エストドックがオススメする、夜間特化の救急往診サービス「ファストドクター」を紹介します。

夜間診療に対応しています

サービスの受付時間は20:00~00:00と夜間帯に特化しています、病院探しに一番困る時間帯ですよね。夜になってお子様が熱を出した、家に帰った後に診察を受けたい、などなど、助かるシチュエーションが色々と思い浮かびます。

今はまだ都内限定のサービスです

残念ながらまだ都内限定のサービスです。対象エリアは世田谷区・品川区・渋谷区・新宿区・中央区・千代田区・文京区・港区・目黒区・杉並区・中野区・豊島区・練馬区・板橋区・北区・江東区・台東区・墨田区になります。
※ 板橋区・北区・江東区・墨田区は一部往診エリア外の地域がありますので、お電話にてご確認ください。

特別な費用はかかりません、健康保険が適用されます

もちろん通常の病院と同じように、健康保険を使う事ができます。治療費とは別に交通費として一律1,400円が掛かりますが、夜間に医師が自宅に来てくれる事を考えると高い値段ではありませんね。

まずはお電話を

もちろん症状によって、病院でないと対応の難しい場合などもあります。まずはお電話頂ければオペレータを介して、医師が往診の要否を判断します。今すぐ必要がない方も、電話番号を登録して頂くと、お役に立つ機会があるかもしれません。
※受付は22〜24時になっています。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加