腸閉塞のセルフチェックと治療方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腸閉塞は突然お腹に痛みがはしる病気です。皆さんは、お腹が苦しかったりお腹が痛くなったりすることがありませんか?もしかしたら、それは危険な病気が隠れているかもしれません。今回は、そんな腸閉塞についてご紹介いたします。

腸閉塞の痛みをこらえる男性

腸閉塞の症状について

イレウスという病態の急性腹症を起こす疾患のことです。

腸の内容物が肛門側へ移動することができなくなる状態で、腸液・糞便・ガスなどが腸に充満し、排便・オナラができなくなります。それにより、腹痛や嘔吐、お腹の張りなどの症状が出てきます。

急激に状態が悪化し重傷になる場合になる場合もありますので、早めに治療をする必要があります。

腸閉塞の痛みや症状

突発的に刺されたような痛み(=疝痛:せんつう)と少し痛みが和らぐというものが襲ってきます。そして、嘔吐や排便などが起こり、お腹が張ることもあります。

腸閉塞には種類があり、頻脈(ひんみゃく)、脱水、尿量減少なども起こります。死に至る場合もありますので、ただちに病院に行きましょう。痩せている人は、腸の動きが見てわかることもあるようです。

嘔吐物は、胃液(白~透明)、胆汁、腸の奥からも逆流して出てきます。

腸の奥からの嘔吐物は、下痢便のような色合いになり悪臭も併せ持ちます。嘔吐すると、痛みや吐き気が軽くなります。

気をつけたい「便秘」と「腸閉塞」との違い

便秘と腸閉塞では、まず起こる原因が異なります。便秘は、ストレスや緊張により起こります。腸の中に便が停滞し、排便がしにくくなるという状況になります。便が硬くなります。これは、腸に異常があるわけではありません。

腸閉塞では、腸に異常がある為に「便秘」同様の症状が起こるので、勘違いされると思いますが、原因や症状が異なるので気をつけましょう。

便秘が慢性化・重症化すると、「糞便性イレウス」という種類の病気になる場合がありますので、要注意してください。

腸内細菌が増殖し、毒素を排出するようになり、この毒素が血中に及ぶと「敗血症」などが引き起こされるので危険です。

「胸のあたりまで苦しい」「吐き気がある」「ひどい腹痛がある」という症状は要注意しましょう。重症化・危険な状態になる前に早期治療が大切となりますので、すぐに病院へ向いましょう。

腸閉塞の原因について

腸を外側(腹壁など)から圧迫されて起こる場合もあれば、腸がねじれたり折れ曲がったりして起こる場合もあります。

自然に捩じれて起こる「腸捻転(ちょうねんてん)」と呼ばれる症状も起こります。

腸の血管が圧迫されることにより、酸素や栄養分を贈りにくくなる血流障害を起こす「絞扼性腸閉塞(こうやくせいちょうへいそく)」という病気もあります。こちらは、死に至る場合がありますので早く手術をする必要があります。

また、大腸がんによって起こるものもあります。また高齢者になると便秘になりやすくなり、便秘によって閉塞の原因となる場合もあります。

腸閉塞になったときに行う治療法

治療方法についてですが、「絶飲食」を行うことが大前提となります。

飲食をやめることで、胃腸を休めることが大切になります。便やおならが出るまでは気を緩ませることはできません。便やおならが出たら、通過障害については治ったということになります。

基本的には、大変な病気(絞扼性腸閉塞など)になっていない限りは、手術は必要ありません。手術をするとかえって、腸閉塞になりやすくなってしまう恐れがあるからです。自然治癒する可能性はない為、「腸閉塞かも?」と思ったら病院へ行きましょう。症状が激しくなったら救急車を呼んでください。

腸閉塞の予防方法について

「排便習慣」をきちんと習慣化することが第一の予防方法です。

毎日1日1回は、排便をするように食生活などにも気をつけたり、適度な運動をしたりすることも「排便習慣」の鍵になります。

食生活は、「食物繊維」を多めに摂ることや「乳酸菌」を摂取することも大切です。

「乳酸菌」は、便秘解消に役立つだけではなく腸内環境を整えるという重要な役割を持ちます。

腸環境を整える「乳酸菌」のはたらき

乳酸菌によって、弱酸性の状態を保ってくれるので腸内の悪玉菌の増殖を抑制してくれます。整腸作用、免疫力の向上などの効果もあります。

乳酸菌が少なくなることで、便秘が起こるだけでなく老化や肌荒れなど女性にとっては起きてほしくないものも起こります。また、リウマチやがん、風邪なども引き起こされるという悪影響も出てきます。なんと、この乳酸菌は赤ちゃんの頃が一番多くあるようです。

乳酸菌が含まれる食品は、ヨーグルト・チーズ・漬物・発酵商品(みそ、しょうゆ)などが主です。乳酸菌によって作られていますので、1日1食ヨーグルトを食べるようにすると美味しく乳酸菌を体内に取り入れることができるので、ぜひトライしてみてください。

いかがでしたでしょうか。
予防策などもありますので、腸内健康を目指して乳酸菌を特に摂りながらかからないようにしていきましょう。

知っていますか?
医師が自宅まで来てくれるサービスがあります[PR]

医師が自宅まで来て診察をしてくれる往診。なんだか古い時代や高齢者の話のようで、なかなか利用した事のある方も少ないのではないでしょうか。でも病院の診察が終わってしまった時、病院へ行く時間が作れなかった時、自宅まで先生が来てくれたら嬉しいですよね。実はそんなサービスがあるんです。

エストドックがオススメする、夜間特化の救急往診サービス「ファストドクター」を紹介します。

夜間診療に対応しています

サービスの受付時間は20:00~00:00と夜間帯に特化しています、病院探しに一番困る時間帯ですよね。夜になってお子様が熱を出した、家に帰った後に診察を受けたい、などなど、助かるシチュエーションが色々と思い浮かびます。

今はまだ都内限定のサービスです

残念ながらまだ都内限定のサービスです。対象エリアは世田谷区・品川区・渋谷区・新宿区・中央区・千代田区・文京区・港区・目黒区・杉並区・中野区・豊島区・練馬区・板橋区・北区・江東区・台東区・墨田区になります。
※ 板橋区・北区・江東区・墨田区は一部往診エリア外の地域がありますので、お電話にてご確認ください。

特別な費用はかかりません、健康保険が適用されます

もちろん通常の病院と同じように、健康保険を使う事ができます。治療費とは別に交通費として一律1,400円が掛かりますが、夜間に医師が自宅に来てくれる事を考えると高い値段ではありませんね。

まずはお電話を

もちろん症状によって、病院でないと対応の難しい場合などもあります。まずはお電話頂ければオペレータを介して、医師が往診の要否を判断します。今すぐ必要がない方も、電話番号を登録して頂くと、お役に立つ機会があるかもしれません。
※受付は22〜24時になっています。

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加