銀歯が取れたときの応急処置とやってはいけないことまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ガリッ!ポロリ・・・どうしよう!?」食事中に銀歯の詰め物が取れてしまうことがあります。このまま食事をしてもいいのでしょうか。取れた銀歯は捨てたほうがいいのでしょうか。すぐに歯科医院を受診できないとき、どうすればいいのでしょうか。この記事では、銀歯が取れたときの応急処置とやってはいけないことをまとめています。

1.銀歯はなぜ取れるのか

◎銀歯は歯を守っている

虫歯ができると、その部分を削り取ります。そうしないならば、どんどん広がってしまうからです。削った部分には、空洞ができますので、そこに銀歯と言われる合成金属を詰めたり被せたりして、歯や神経を守ります。

◎銀歯と歯を接着しているセメントはもろい

銀歯は金属なので、直接に歯と接着することができません。そこで、普通はセメントを薄く塗って歯と銀歯を接着します。しかし、セメントは劣化しやすく、劣化すると接着剤としての働きをしなくなり、銀歯が取れる原因となります。

◎虫歯が進むと銀歯が合わなくなる

銀歯の周りに虫歯ができて歯が欠けてしまうと、銀歯の詰め物がぴったり合わなくなり、隙間ができて銀歯が取れる場合があります。

2.銀歯が取れたときやるべき応急処置

◎取れた銀歯をしっかり保管しておく

銀歯が取れたら、まずするべきことは、とれた銀歯をすぐに容器に入れて保管しておくことです。銀歯は、小さなものなので無くしやすいからです。取れた銀歯は、後日歯科医院で再接着してもらうことができます。もし、取れた銀歯を失くしてしまうと、新しい銀歯を作るのに、数週間かかることになります。

◎銀歯が取れても緊急性は薄い

実は、銀歯が取れても、緊急性はそれほど無いといってよいでしょう。なぜなら、数日たってからでも、十分間に合いますし、命に関わる事態にはならないからです。しかし、そのままにしておいて良いというわけではありません。取れたままにしておくというのは、不快感がありますし、歯そのものに対するリスクも生じてきます。

◎銀歯が取れたままにしておくリスク

銀歯が取れたまま放っておくと、様々な問題が生じることがあります。銀歯の詰め物やかぶせ物を取れたままにしておくと、歯の内部が虫歯に侵されたり、歯が欠けたりすることがあります。このような状態が生じると、取れた銀歯を保管しておいても、形状が変化し、元に戻すことができなくなります。また、最悪の場合、虫歯が進行し、抜歯しなければいけない事態になります。

◎タイムリミットは数週間から1ヶ月

取れた銀歯を元に戻すまで、どのくらいの時間の猶予があるでしょうか。取れたままにしておくことで生じる様々なリスクを考えると、数週間から1ヶ月が無難でしょう。時間を経過するにつれ、リスクが大きくなりますから、早めに対処するに越したことはありません。

3.銀歯が取れたとき絶対にやってはいけない応急処置

銀歯が取れた時、「やるべきこと」よりも「やってはいけないこと」が、実はたくさんあります。

◎銀歯を歯に戻すのはNG

 取れた銀歯をもう一度詰めていた場所に戻してみても、必ずまた外れます。ですから、すぐに歯科医院を受診するとしても、口の中に戻していけません。間違って飲み込んでしまったり、銀歯がずれた状態で噛んでしまって歯を欠けさせてしまうことがあるからです。

◎市販の瞬間接着剤を使用するのはNG

「銀歯が取れたら、とりあえず瞬間接着剤でつける」という応急処置の仕方を聞いたことがある方は多いでしょう。しかし、これは正しい応急処置といえるのでしょうか?いいえ、市販の瞬間接着剤で取れた銀歯をくっつけるのは、絶対にやってはいけないことなのです。

◎市販の瞬間接着剤の使用はリスク大

実は、市販の瞬間接着剤というのは、毒性が少なからずあります。死に至るというものではありませんが、無害であるとは言い切れません。また、瞬間接着剤が唾液中や歯に付着した雑菌を封じ込めてしまい、接着した銀歯の下で神経や骨が腐ってしまうことがあります。歯科医院では、銀歯を詰めるたり被せる時は、必ず歯の表面を消毒・乾燥し、雑菌を除去してから接着します。ですから、自分で接着することのリスクは、かなり大きいと言えるでしょう。

4.銀歯が取れてから歯科受診までにやるべきこととやってはいけないこと

◎銀歯が取れた部分の清潔を心がける

 銀歯が取れたところには、空洞ができます。空洞には、食べかすや歯垢が蓄積し、虫歯になりやすい状態になります。ですから、清潔を保つために、歯磨きをしっかり行うことが必要です。  銀歯の取れた歯で食べ物を噛むと、食べ物が詰まって、虫歯になるリスクが高まります。また、硬いものを噛むと、詰め物をしていた部分が欠けてしまうことがあります。ですから、銀歯の取れた歯をなるべく使わないようにして食事をするよう心がけるとよいでしょう。

◎神経が残っている歯の場合、刺激を避ける

 銀歯の取れた歯に神経が残っていると、銀歯がないことで容易に刺激を受けることになり、痛みを生じさせることがあります。ですから、極端に熱いもの、冷たいものを摂取するのを極力避けたほうがよいでしょう。

5.応急処置が終わったら

突然に銀歯が取れるということは、誰にでも起こりえます。応急処置を怠らず、やってはいけないことを心得ておきましょう。そうすれば、いざというとき、慌てずに対処できます。そして応急処置終わったら、後日早めに歯科医院を受診し、大切な歯を守りましょう。

最後に少しだけ...宣伝です!

病院予約サイトエストドックではユーザー様が病院を選ぶ基準になる、良質な口コミを集めています。

その為に月に1人、5万円のアマゾンギフト券が当たる口コミ投稿キャンペーンを始めたのですが、7月現在、投稿される口コミは月に100程度、3位の当選金額1万円までを含めると30人に1人は当選者が出ている始末です、、、

会員登録などは特に必要ありません、病院へ行った際は是非エストドックで口コミを書いてみてください!

口コミ投稿キャンペーン

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加