/blog/dentistry/gum-boil.php
EstDoc

歯茎にできものが!症状別原因で速攻解決!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
急に歯茎にできものが出来てしまって、どうしたら良いかわからない・・・ そんな経験はありませんか? そこで今回は歯茎にできものができた場合の症状や原因また、そのできものの種類など詳しく紹介していきます! gum-boil.jpg 歯茎のできものの場合、歯の根っこが病気にかかり、その中で膿が溜まって歯茎が炎症を起こしてできものができる場合が多いのですがその原因も種類もさまざまです。 しかし、たかができものとは言っても、それが原因で大きな病気に発展する恐れもあるので注意が必要です。

歯茎のできものフィステル

■歯茎のできものフィステルとは?

虫歯や外傷によって歯の神経が死んでしまったり歯の根っこの治療が不十分だった場合、歯の根っこに膿が溜まってしまいます。 その膿の出口として歯茎にできたできものが「フィステル」になります。フィステルは歯の根っこに膿が溜まるとできて、破れて膿を出します。膿が全て出てしまうとフィステルはなくなり、また溜まるとでてきます。そのフィステルの膿は非常に臭く、口臭の原因にもなります。

■フィステルを放置すると

フィステルの原因である歯の根っこにたまった膿の袋はそのままにしておくと次第に大きくなり、周りの歯の根っこを溶かしたり神経を死なせてしまうことがあります。 そのまま放っておいてしまうとフィステルは歯の根っこの治療だけでは改善が難しくなり歯の根っこの一部を切除しなくてはならなくなってしまいます。また、フィステルによる膿は最悪の場合、血液によって体全体に運ばれ心臓病やアレルギーの原因にもなります。 なお、フィステルは痛みなどはあまりありません。 しかし、疲れが溜まっていたり寝不足が続いたりして体の免疫力が下がってしまっていると、腫れや痛みが出る場合があります。

■歯茎にできるフィステルの原因

〇虫歯の治療をした際に残した神経が死んでしまった

虫歯が歯の神経まで到達してしまっている場合でも歯医者では、出来る限り歯の神経を残すようにします。それは歯の神経を取ってしまうと歯の寿命が短くなってしまうためです。 しかし、まれにその残した神経が死んでしまうことがあります。そうすると、それが原因で歯の根っこに膿が溜まりフィステルの原因となることがあります。

〇歯周病によるもの

歯周病が原因でフィステルが出来ることがあります。歯周病で出来たフィステルよる膿は歯周ポケットから出てきてしまうことが多いので通常は、フィステルは出来にくくなっています。 しかし歯周ポケットが深かったり、歯周ポケットの入り口が何らかの原因で塞がれていたりするとフィステルができやすくなってしまいます。また、歯周病が原因の場合は歯茎からの出血や、腫れや痛みをともなうことが多々あります。

■歯茎のできものフィステルの治療方法

〇原因となっている歯の根っこ自体の治療

フィステルになってしまったら、その原因となっている歯の根っこ自体を治療してしまうのが1番、効果的な方法です。 菌などに侵された歯の根っこの治療することを感染根管治療(かんせんこんかんちりょう)と言います。 歯の根っこの中をやすりのようなものでこすり落として歯の根っこの中を消毒し、歯の根っこの中を薬で充満させ菌の居場所をなくす方法です。少しでも菌に侵された歯の根っこが残ってしまうとそこからまた菌が増殖し、フィステルが長い間治らなかったり、再発を繰り返してしまいます。

歯茎のできものが口内炎の場合もあります

口内炎は舌や、口の中のその周辺などにできるものと思われがちですが、口内炎はまれに歯茎にできてしまうこともあります。

■歯茎にできる口内炎とは?

口内炎とは、口の中にできた小さな傷などから侵入した細菌が原因によって生じる痛みを伴った炎症のことです。 口内炎には様々な種類がありますが、最も多いのは「アフタ性口内炎」で、中心が白く周囲が赤くなっているものです。口内炎は通常、放っておいても1~2週間で完治しますが、完治までに長く時間がかかっている場合や再発を繰り返している場合には注意が必要です。

■口内炎の原因

〇アレルギー

食品や動物、その他の原因による過剰なアレルギーが起こると口内炎ができてしまう場合があります。

〇ビタミン不足

ビタミンの中でも特に、ビタミンBが不足することで口内炎ができやすくなってしまうと言われています。ビタミンBの摂取は豚肉などが1番早いそうです。

〇生活習慣の乱れやストレス

日々の生活におけるストレス、食生活の乱れや寝不足など体のバランスが崩れていると口内炎ができやすくなる原因となります。

■口内炎の治療方法

先ほども述べたように口内炎は、そのまま放っておいても通常1週間~2週間で完治します。 その際に出来るだけ気を付けた方が良いのがバランス良い食生活を送ることと、ハミガキなどで念入りに口の中を清潔に保つことです。しかし、痛みがかなり強い場合の口内炎はそのままにせず、かならず治療を受けて軟膏などを処方してもらうようにしましょう。

歯茎のできものがエプーリス(歯肉腫)の場合

■エプーリス(歯肉腫)とは?

エプーリス(歯肉腫)は、歯茎に時として発生する良性の腫瘍です。 歯肉腫は悪性ではないので直接、問題があるというわけではありませんが放っておくと歯茎に炎症が起きたり、骨が溶けたりする場合もあるので注意が必要です。 エプーリスの原因は歯石や歯肉炎、歯茎や歯肉などへの刺激だと言われていますが、妊娠中の女性ホルモンの変化を要因とする妊娠性エプーリスという場合もあります。 エプーリスはがんのような悪性の腫瘍などではありませんが、大きくなると周囲の骨を溶かしたり、歯を動かしたりするのでエプーリスが見つかったら、取り除く必要はあります。 なお、エプーリスは基本的には良性の腫瘍なのですが、がんなど悪性のものと判断がつきにくい場合もあるのでエプーリスが見つかった場合は念のため、病院などで検査をした方が良いとは思います。

まとめ

たかができものといっても場合によっては重大な病気に発展してしまうこともあります。できものだからと言ってバカにせず、1度はきちんと確認をするように心がけましょう。

最後に少しだけ...宣伝です!

病院予約サイトエストドックではユーザー様が病院を選ぶ基準になる、良質な口コミを集めています。

その為に月に1人、5万円のアマゾンギフト券が当たる口コミ投稿キャンペーンを始めたのですが、7月現在、投稿される口コミは月に100程度、3位の当選金額1万円までを含めると30人に1人は当選者が出ている始末です、、、

会員登録などは特に必要ありません、病院へ行った際は是非エストドックで口コミを書いてみてください!

口コミ投稿キャンペーン

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加