/blog/dentistry/chip-teeth.php
EstDoc

歯が欠けてしまったときにやるべき2つのことと応急処置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さんは突然、歯が欠けてしまったという経験ありませんか? その原因は虫歯などさまざまあるかとは思いますが、小学生など子供の場合は特に遊んでいる最中に歯が欠けてしまったなどよくあるトラブルだと思います。そこで今回は、歯が欠けてしまった時にやってはいけないことなど注意しなければいけないことを紹介していきます!

欠けた歯の状態を確認しよう

歯が欠けてしまった場合、大切なのは欠けた歯の状態です。 歯がどのように欠けてしまったかによって、治療の方法も変わってきます。

■虫歯によって歯が欠けてしまった場合

虫歯は見た目は大した事はなさそうでも歯の中はかなり浸食され、虫歯が広がってしまっています。 虫歯は放っておくと食事などの度に、どんどん歯が欠けていってしまいます。そのため虫歯により歯が欠けてしまった場合は、早急に歯医者に行って歯の治療をしましょう。

■セラミックの歯が欠けてしまった場合

セラミックの歯の材質は陶器に近いため、非常に欠けやすいです。 少し欠けた程度であれば削れば問題ありませんが大きく欠けてしまった場合は、セラミックの詰め物をするか、セラミックの歯自体を作り直す必要があります。通常の歯が欠ける場合と違ってセラミックの歯の場合は歯の根元に直接、負荷がかからないため、その点は利点となります。

■歯が根っこごと抜けてしまった場合

ぶつけてしまったり強い衝撃が歯に加わると欠けるだけでなく、歯が根っこから抜けてしまう場合があります。 この現象は特に小学生など子供の時期に多く、乳歯や生えたての永久歯に多く起こります。その場合、抜けた歯は洗ったりせず以下の方法をとりましょう。下手に強く歯を洗浄などしてしまうと、歯の神経が死んでしまったりということが発生します。 ・新しい牛乳の中に抜けた歯を入れる ・学校などに必ず常備されている歯の保存液の中に入れる なお上記の方法がとれず緊急事態の場合は、 抜けてしまった歯を飲み込まないように注意して、口の中で唾液に入れておく こうした状態で抜けてしまった歯を歯医者に持っていけば元に戻してくれ、2週間ほどで再び固定されます。

■神経が死んでしまった場合

歯が欠けた部分の神経自体が死んでしまった場合は、歯の根っこまで折れないようにしっかり土台をつくってセラミックなどのかぶせ物をするようになります。 この時、歯医者の方ではなるべく神経を残すように治療はしますが、このような処置をしても神経が死んでしまい、歯に異常が出る場合もあります。その場合は早急に歯医者に行き、対応してもらうようにしましょう。 なお、このほか特別な事態としてかぶせものが取れてしまうということもあると思います。この場合は、無理に自分で付け直そうとせずにすぐ歯医者にいきましょう。 かぶせものだからといって接着剤等で付けてしまうと、歯自体や神経にまで接着剤の成分などが浸透してしまい、大きな治療になってしまう可能性があります。

歯が欠けてしまった時に絶対にやってはいけないこと

歯が欠けてしまったりなどすると、すぐに何とかしなければと焦ってしまうかと 思います。しかし、焦ってついやってしまったことが思わぬ事態に発展することもあるので注意が必要なのです。

■歯は絶対に乾燥させない

歯医者に行く前に欠けた歯を保存しておくのにやってしまいがちなことは、「ティッシュなどに包んでしまう」ということかと思います。 ティッシュに包むのはよくやりがちなことだと思いますが、これは欠けた歯を乾燥させることになってしまうので絶対にやってはいけません。乾燥した状態にしておくと歯が劣化してしまい。もとに戻すことが難しくなります。 なので欠けた歯を歯医者に持っていく時は、口の中に入れておくのが1番良い方法です。口の中に入れて唾液に触れさせておくことで乾燥せず、歯をベストな状態に保っておくことができます。口の中にいれておくのがちょっと・・・という場合は殺菌効果もあるので牛乳に入れて保存するというのも1つの方法です。とにかく欠けた歯は乾燥させずにできるだけ早く歯医者に持っていって治療をしてもらいましょう。 ただ、この欠けてしまった歯は上手くいけばまた元通りになりますが、ほとんどの場合は欠けた歯を接着できたとしても取れてしまう可能性が高いので、新しく人工の歯を作ってしまうという場合が多いかと思います。

歯が欠けないようにするためには?

歯が欠けないようにするには、とにかく歯への過度な衝撃を抑える必要があります。 歯が欠けてしまう要因として1番多いのは虫歯や歯周病だと言われているので、まずはそういったことを防ぐために日々の歯のケアが大切です。 そして歯への負担や衝撃を防ぐには、マウスピースが有効的です。歯ぎしり防止や、スポーツをおこなう際などさまざまな場面で活躍します。

まとめ

いかがでしたか? 思いがけず歯が欠けてしまうことは子供にもよくあることだと思います。普段から歯のケアを心がけ、もし歯が欠けてしまった際も慎重に対処をすることが大切です。

最後に少しだけ...宣伝です!

病院予約サイトエストドックではユーザー様が病院を選ぶ基準になる、良質な口コミを集めています。

その為に月に1人、5万円のアマゾンギフト券が当たる口コミ投稿キャンペーンを始めたのですが、7月現在、投稿される口コミは月に100程度、3位の当選金額1万円までを含めると30人に1人は当選者が出ている始末です、、、

会員登録などは特に必要ありません、病院へ行った際は是非エストドックで口コミを書いてみてください!

口コミ投稿キャンペーン

広告

  • このエントリーをはてなブックマークに追加